壊れたロレックス買取指南~修理~

壊れたロレックスは買取業者によっては壊れたままでも高価買取りが出来ます。

しかし、まだ使いたいと考えているのでしたら時計は修理に出しましょう。

時計の修理をする場合、主に三通りの修理方法があります。

腕時計の修理は非常に高額

腕時計が壊れたとき、修理を依頼することになります。

しかし、どこに修理に出すにしても、修理費はかなり高額になります。

具体的には、風防や時計版の修理は2万前後、リューズの交換は8万前後の費用がかかります。

また、それだけではなく、腕時計は定期的なメンテナンスが必要となります。

その場合、全体的な部品の交換などをしなければならず、総額で20万円以上かかることもあります。

自分で修理はほぼ不可能

時計のオーバーホールは非常に高く、高級腕時計ともなると数十万単位の費用が発生します。

しかし、自分で修理を行うというのはまず不可能です。

腕時計の内部というのは非常に精巧な作りをしており、少しでもズレや狂いが生じると正常に動かなくなるからです。

よって、必然的に修理は業者に依頼することになります。

業者の選び方

時計の修理は、修理業者もしくはメーカーに依頼することになります。

ロレックスが壊れた場合はロレックスに依頼をすることになります。

この2つはそれぞれメリットが異なります。

修理業者に持っていった場合、メーカーに依頼するよりも安価で修理してもらいやすいですが、部品などは純正品でないものを使う場合があります。

ココらへんは業者によって異なりますので事前に確かめましょう。

メーカーに依頼する場合、部品はすべて純正品ですし、技術も信頼性が高いです。

しかし、費用が高く付きます。

そのため、安く済ませたい場合は業者に依頼しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です